Web業界で生き残れる人材を目指そう

人脈は仕事で欠かせない

webエンジニアで独立することを目標にしている人は多いものです。実際に独立するなら、どんなスキルが必要で、何をしていけばいいのでしょうか?一番重要なのが人脈作りです。実際に独立している人の多くが、会社勤めの時に培ってきた人脈から仕事を斡旋してもらったり、既存の顧客から別の顧客を紹介してもらったりして、フリーとして継続しています。

また、近年ではクラウドソーシングが普及しており、昔よりも仕事を受注しやすくなりました。これにはある程度の実績がないと単価が安く数をこなさなければならないという問題もあります。それから、クライアントと打ち合わせやwebエンジニアの場合は、プロジェクトチームに入ってチームで仕事をするということがほとんどです。そうなれば、チームの一員として積極的にコミュニケーションを取っていかなければなりません。

人間関係が億劫になったから、フリーになりたいという人もいますが、基本的にそれは無理な話です。仕事をするのなら、PCに向かって黙々とやっていくだけではなくて、メンバーと話し合いながら作っていかなければなりません。さらに、フリーランスとしてチームに入るなら、周りは知らない人ばかりということもよくあります。そういう知らない方々ともコミュニケーションを取っていける力は必須です。

webエンジニアで独立したい場合は必要なスキルとして、「人脈を広げておくこと」と「コミュニケーション能力」の2つが重要なカギになります。まずはこの2つをしっかりと身に付けて、独立を考える事が大切です。

独立する前に読んでほしいサイト→【Webエンジニアのための独立計画